この2WAY理論はこんな方にお勧めです。

ドローボールでランを出し、飛距離を伸ばしたい
スライス・フックのボールを狙って打てるようになりたい
プロのようなドローボールを打ってみたい
スコア100を切り、さらにレベルアップの方法を探している
上級者のスイングテクニックや技術を体得したい








ボールが曲がるということは、悪いことと思いこんでいるアマチュアゴルファーの方が
とても多くいらっしゃいます。

ゴルフでは、真っすぐボールを飛ばしているようでも、事実上ボールは左右に曲がっています。

それは、右曲がりは「ひっかけ」、左曲がりは「押し出し」です。

ひっかけはクラブの構造上、ボールが飛んでいく方向とリンクしているので、
「つかまった」とも表現しますが、ボールが思ったよりと飛んでしまいます。

押し出しはスライスと違ってインサイドから当たって真っ直ぐ右に飛んで行くボールも思いのほか飛んでしまったという経験があるはずです。

そのため、この二つの球筋のどちらかを選択して、 意図的に打つことで、
飛距離も伸びて、コース攻略の上でも、 作戦を立てられるようにするのが、この2WAY理論です。


そして、球筋をイメージしやすいように

名前をつけました。

ひっかけは、プルダウンドロー
押し出しは、プッシュアッパーフェード


です。

基本的に2つの球筋に別れると書きましたが、 両方打てれば、両方でも構いません。

しかし、この2つの動作は逆の要素が多くあるので、 片方をマスターすることオススメします。

例えば、プルダウンドローは球筋が低く、プッシュアッパーフェードは球筋が高くなります。

組み合わせで、ハイドローも打てるようになります。

このように、正反対の性質を持っているので、 スイングの矯正や調整にもなるので、
2つのスイングの特性を理解しつつ、一つずつマスターすることが大切です。






「曲がるボールを意図的に打てるようになるとどんなメリットがあるのか?」

はい、

ボールを意図的に曲げることで、より思い切りのいいスイングができます。


その理由をご説明しましょう。

コースに行けばホールレイアウトがあります。

そのため、ピンだけではなく、OB、池、バンカーなど
打ちたい場所と打ちたくない場所が混在しています。

ゴルフは、打ちたい場所に打つだけの技術では不十分なのです。

なぜなら、人間は「ミス」を必ずするからです。

「OBにしたくない」「池だけには落としたくない」という心理から
普段通りのスイングができなくなってしまいます。

縮こまってしまったり、めったにしないトップやザックリをしない人も
ミスショットしてしまいます。

不安・マイナスイメージを持ってスイングする為、本来の実力を発揮できないのです。

ゴルフは、メンタル(精神論)のスポーツですから当然です。

ですから、打ちたくない場所に打たないという技術も備えておかなくてはなりません。

そのために必要不可欠なのが、「曲がる球筋」なのです。


<例題>
簡単な話でいくと、グリーンの左にピンがあって、グリーンの左がOBの場合、

どんな気持ちでしょうか?
真っ直ぐピンに向いて打つ時にふとこう思うはずです。

「左のOBが恐いな。」

そういう思考が入った時に上手くいく可能性は極めて低くなってしまうのは周知の事実です。

ですが、左曲がりのボールが打てれば、グリーンの右サイドから安全にピンを狙っていくことができます。
そして、左に曲がるということは、右にいかないという裏付けにもなるので、より自信を持ってスイングできるようになります。

そして、自信を持って振り切れるというのが飛距離につながってくるのです。


・一般的なゴルフファー
[意識]左のOBへの苦手意識を持つ。
[選択]とにかく左にいかないように右側を狙う
[ショット]OBを意識するあまりミスショットを誘発。
[次の展開]グリーンの外からの再アプローチ。最悪の場合、OBになるよりも難しいトラブルショットになる。

・2WAYゴルフ理論
[意識]左のOBを意識する
[選択]ドローボールで右から安全にピンに寄せる球筋を狙う
[ショット]右サイドからピンに寄るボールを打ち込む
[次の展開]バーディーチャンスをゲット









良くナイスショットするための条件として考えられるのが、
「同じリズムで同じスイング」をいかなる時にもできるということがあげられます。

それができればたしかに凄いことです。

しかし、コースに行ってみるとわかるのですが、風、ライ、その時の心理状況、
体調、傾斜、厳密に言うと、2度と同じ状況はありません。

ですから、基本はもちろんあってしかりなのですが、最終的にはその時々の
状況に適切なスイングができることが一番重要だと考えています。

適切なスイングができるから、リズムやスイングが崩れないから安定感が
出てくるんだと思います。

そう考えると、練習にも2種類必要なってきます。

それはこの2つです。

1、リピータブルな(再現性が高い)スイングの構築

2、アジャスタブルな(微調整ができる)スイングの構築

一般的にリピターブルなスイングに練習を重ねる方が非常に多いように
感じます。

そのため、練習場では良いのに、コースではめろめろというパターンに陥って
しまうことがあるわけです。

ですから、アジャスタブルなスイングの練習も積極的に行っていきたいわけです。
そして、アジャスタブルなスイングをする上で大切になってくるのが、

状況察知能力と状況判断能力です。

簡単に言うと、こういうライからは自分のスイングではこういう結果がでやすい
というのを知ることです。

そして、それによって求められるスイングを選択すれば良いのです。

ですから、ゴルフ理論は多種多様で頭がこんがらがってしまう人もいると思います。

例えば、「打ち込む」か「払う」かも球筋、その人の打ち方や考え方で
その場、その場で変化していきます。これと決まっていません。

ですから、こういったアジャスタブルなスイングの入り口として 今回2wayという
2種類の道筋でスイングを構成します。

その違いを理解しながら、 自分で合う合わない得意、不得意を判断できる
ゴルファーになっていただたきたく話を進めていきたいと思います。





曲げることで、あなたのゴルフにどんなメリットがあるか?


この2WAY理論を体得することであなたは、以下のような
ゴルフ上達法を知ることができます。


■あえてフック、スライスを打つことで、スコアにどのような影響が起こるか?

■まっすぐ打とうとすることが、ミスにつながっている?

■飛距離で必要なことは、ドロー、フェード、そしてもう1つは・・・

■スコアメイクに必要なのは戦略2割、戦術2割、2way理論6割!

■密かにプロも実践している隠れた打ち分けの秘密練習法

■OB、池ポチャを避けながら、フェアウェイを堂々キープするコースのヨミとは?

■どうして、練習場で上手く打てても、コースで上手く打てないのか?その本当の原因は・・・




2WAY理論でスコアアップした声が続出!
平均スコア17.3アップ!(モニター実践者268人中)


★★★★★ Aさん

こんなに早くドローと、フェードを打ち分けられるようになるとは思わなかった。
マニュアルに書かれてある、ちょっとしたポイントで、こんなにも簡単に球筋をコントロールできるとは全く知らなかった。この2WAYゴルフ理論を知らずにゴルフをしていくのはとてももったいないと素直に思う。100を切る中級ゴルファー以上には、90、80の壁を超える入門書となることは間違いない。

★★★★ Bさん

買ってみて正解だった!今までのゴルフ理論とは全く違うのは、あえて曲がった球筋を打つことで、飛距離を出すということ。小手先のテクニックだと思って侮っていましたがとても理論的で、シンプルな考え方。きっとこのマニュアルを手にして私も含め、ゴルフスイングが上達し、スコアアップするゴルファーがたくさん出てくると思う。
★★★★ Cさん

ずっと真っすぐ打つ練習をしていたのが間違いだと気付かされた。
練習場でのスイングは、コースでは再現しずらいことがよくわかった。
ボールを打つ回数を減らしても、効率と練習の質を上げることでゴルフの上達スピードがぐんとアップする方法が書かれている。特に、ドローボールを打つパートについては、とても具体的で体の動かし方、意識の仕方がとても分かり易かった。
★★★★ Dさん

素人の若いレッスンプロに10回習うようりも効果が早いと思う。
スイングの解説も詳しく離されてあり、1つずつ納得して進めることができた。
有名プロのゴルフDVDよりも、アマチュアゴルファー向けで、細かい解説がとてもありがたい。

★★★★ Eさん

実際のラウンドで効果を実感できることがすばらしい、右ドッグ、左ドッグでも、どちらでも攻め込んでボールを飛ばすことが出来るため、2WAYゴルフ理論を学んでからコースマネージメントがぐっと楽になった。
★★★★ Fさん

スライスの癖をうまく利用する点は見事!弱点を強みに変える逆転の発想はさすがだと思いました。ドライバーは苦手意識があり、振り切れないことが多かったですが、これを知ってから、自信をもって、ティーグランドに立てるようになりました。





商品形態 : 配送版 DVD4枚組:2時間12分

ご注文後、入金が確定しましたら弊社より3日以内に商品を発送致します。

送料:750円

■お支払方法
対応決済サービス
お支払い方法は、クレジット決済、銀行振込、Bitcashがご利用いただけます。 購入手続き完了後、購入に関する自動返信メールが届きますのでご確認ください。





■よくある質問


Q、初心者には難しい内容でしょうか?

初心者様にもぜひ読んでいただきたい内容です。 今回は2つの球筋をコントロールすることでスイングのメカニズムとそれにともなったゴルフ基本と応用が書いてありますので、ぜひ参考にして練習して頂きたいです。


Q、スイングに変化クセがついたり、スコアが崩れたりしないでしょうか?

フレキシブルなスイングが身につきますので、練習場で良くてもコースで悪いという
悪い黄金パターンの解明にもつながると思います。


Q、フックする癖があるのですが、右曲がりのボールも打てるようになるでしょうか?

フックしてしまう人、スライスしてしまう人、ともにどうするのか、どうしなくてはいけないのかがはっきりするので、頭も体もクリアな状態でラウンドに望めます。


Q、どのぐらいの期間で打てるようになりますか?

これは難しい質問です。どのくらいやるかは本人しだい、極めるのも自由、
概要が頭と身体で理解出来れば、すぐに自分のゴルフにプラスに働いてくれるはずです。


Q、かなり練習量を増やさないと難しい内容でしょうか?

理解できると楽しいので練習したくなると思います。



■追伸

過去にスコアがどうしても伸びずに、行き詰った時があります。

練習量を増やしても、トレーニング量を増やしても、先輩に教わっても、
書籍を読みあさっても・・・

スコアがぴくりともよくならない。

「自分のゴルフはここが限界なのか・・・」

と、ゴルフを諦めようを思ったことがあります。

ですが、今の私は、その当時のスコアをはるかに超える数字で
コースを回っています。

一体何がきっかけで、変わったのか?

その答えは、2WAY理論に他なりません。

過去の私は、

コースに一切合わせようとせず、自分のゴルフを、コースにぶつけるスタイルでした。

しかしそれは、大きな間違いだったのです。

正しくは、

コースに合わせて、自分のゴルフを変えていく

アジャスタブル(微調整可能)なゴルフスタイルが必要だったのです。

風、天候、芝の状態、コースの形状など1つとして同じコースはありません。

だからこそ、コース=自然に合わせて、柔軟にその状況に合わせて
適応させて能力が必須なのです。

「ボールをコントロールできない。」

それは、自分のゴルフをコントロールできないことと同義語だと思います。


この2WAY理論は、ゴルフの本当の「楽しさ」「奥深さ」を知ることができる
ツールだと思っています。

ですから、今のあなたはまだまだ上手くなる可能性を秘めています。

そして、まだ、あなたの知らないゴルフがここに詰まっています。

今、目の前の丘を越えるかどうかはあなた次第ですが、
その丘を越えたとき、全く新しい景色が待っている事を忘れないでください。

プログラムでまたお会いできることを楽しみに待っています。



坂本龍楠












トップに戻る特定商法取引法

Copyright (c) 2011 All rights reserved.