こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

力んでしまいます。というご質問を頂きました。

自分自身がレッスン中に感じる皆様が1番力んでしまう筋肉を今日は考えだと思います。

なるべく大きい筋肉を力まないようなイメージを持つことができまないためには必要なのではと思います。

力むと言うのは力がかかった状態ですのでスイングクラブの置き場所等で力まないように作り上げていく必要がありますが、単純に自分がレッスンで一緒に体動かしていると硬くなっている部分が大体共通していますのでそれをあげたいと思います。

まずは太ももです。下半身を踏ん張るように使いすぎてしまっている人は太ももが硬くなって下半身が動きづらくなっていますですのでバックスイングをしたときになるべく太ももが柔らかいような状態をイメージしてバックスイングすると良いでしょう。

次に左上腕です。
クラブの上であげている人は左上腕に重さがかかりますので、左の腕が硬くなっている人がいらっしゃいます。
トップの時に左腕がリラックスしている状態を作れるようにしましょう。

そして最後に左の背筋です。
バックスイングで肩から背中のあたりに硬さが出るとスムーズなダウンスイングができませんので注意が必要です。

これは肩の捻りすぎ、腕のあげる意識が原因になります。

以上に注意してリラックスしたスイングを目指しましょう。