インパクトに向けて右肩が落ち突っ込んでいく癖が抜けません。結果トップダフり、スライスとなってしまいます。 注意しているつもりでもなかなか直りません。 どこか全く違うところに注意すれば直るというようなポイントはありませんか?

というご質問を頂きました。

まず最初に気をつけるのがアドレスになります。
アドレスは普通に構えると、イメージが右手を下から握りこんでいるような形になるので、

どうしてもボールを右手でしたからすくっているようなイメージになりがちですが、どちらかというと、右手が上というイメージでスイングできるようになると、すくうというよりは右手でおさえているような形でスイングできるのではと思います。

そうすると、右手がクラブにひっぱられるような動きが少なくなるので、右肩がつこっみにくくなりやすいのではと思います。

ぜひ気をつけてみてください。