こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

薄芝のアプローチの打ち方とは?

薄芝のアプローチが苦手ですと言うご質問をいただきました。

冬になると地面が硬くなって、芝生の長さが短くなってしまうので、夏の芝生でできた芝生と地面の空間がわずかですが、少なってインパクトが難しくなります。

冬場はクラブの底が地面に当たりすぎてしまうミスに対して許容範囲が少ないので、クラブの底はあまり当てずにインパクトする感覚がほしいです。

そのためにはバンカーショットをイメージしていただければわかりやすいのですが、砂にクラブを当てるために少ししゃがんだ体勢をとって、クラブのヒールがさがった状態にします。

アプローチで薄芝にダフりたくないので、
その逆にヒールを浮かしているような構えをしてみましょう。

そしてイメージ的にはクラブの先っぽでボールを拾う位の感覚でアプローチしていただくとより出振りにくい雰囲気になりますので気をつけて練習してみてください。