あごの高いバンカーショットについてです。

あごの高いバンカーショットはボールにある程度高さが必要になりますので、
フェイスを開きます。

そして、その角度を保ったままスイングしたので、
アドレスの形もシャフトを左に傾けず、
真っすぐの状態か、ハンドレートと言われる右に倒した状態で打ちます。

あとは下半身を使って横移動すると打ち込むような動きになってしまって、
ボールが上がりにくくなってしまいますので、

足はべた足ぐらいの感覚で、その場でしっかり回っていくように打てると
柔らかい球で上がってくれます。