急な左足上がりのアプローチショットについてです。

まず傾斜地で大切なことはスイングしやすい安定した構えをとることが第一に考えなくてはなりません。

急な左足上がりの場合はまず左足上がりが急な角度でついているので、壁のような状態で地面が立ちはだかります。

そのため、身体と腕を壁のような斜面にそって動かすために、2つ通常のアドレスから変えてあげます。

まず1つ目です。

スタンス手の通り道を広げて真っすぐ傾斜通りではなく、少し斜めに振ってあげたいので、左足を後ろに引いてオープンスタンスのような形にします。

次に2つ目です。

左の肘を曲げて、ストローク中も曲げたままスイングします。

この2つであとは傾斜にそってスイングすれば、スムーズにスイングできます。

あとは急な左足上がりなので、ピンが近い場合は傾斜の角度とロフトで球が高く上がってくれますので、直接ピンまで打つ感じで良いです。

距離のある場合は番手を変えて対応しましょう。