肘は身体の間隔を作るために使ってみる。

この両腕とスイングアークについてなのですが、テイクバックで左腕が地面と平行なところのハーフスイングでは、右腕は曲がっていると思います。

スイングを左右対称という考え方で、フォローで右腕が地面と平行で真っ直ぐ伸びているところでは、左腕は若干曲がっているのが自然なのでしょうか。

ハーフスイングの連続素振りなどしていると勝手に左腕がたたまれていることに気付くのですが、いかがでしょうか。

肘の振り終わった後のご質問です。
基本的に左右対称のようなイメージで
スイングはなりやすいです。

ですから、フェイスを開いて動かせば、
反対は閉じたような形になります。

ですから肘の使い方もたたんで使うと、たたまれて
伸ばして使えば、伸ばされやすいです。

肘はたたむというより距離感を保ったままの形で
振り抜いておきたいイメージがあります。

たたんでしまうと、アドレスの段階よりも
身体にくっついてしまいますので、
同じ距離間になるような使い方をしたいですね。