本日のご質問です。

短いアプローチが寄りそうで寄りません。強くなってしまったり、それを怖がると緩んでしまいます。

ということでした。

短いアプローチは場合によっては、パターのように転がってカップインも狙いたい状況です。

しかし、逆に寄って当たり前という気持ちが頭にあるので、気持ちの持ちようが難しくよりそうで寄らないという感じです。

短いアプローチは身体の動きと手や腕の動きが大きすぎると、ボールが飛びすぎてしまうので、 小さななしまったストロークが基本になります。

ですから、短いアプローチが苦手な方は自分自身のスイングのイメージより身体の動きやスイング、振り幅などが大きくなってしまいっている傾向にあると思います。

ですから、クラブヘッド、フェイスのバックスイングで開いて、フォローで閉じる動きのみで打つイメージでスイングしてみましょう。

簡単に言うと、手首だけで打つような感覚です。

これぐらいでも以外と自然に身体が動いてしまいうので、ちょうど良く距離が合うようになると思います。 ぜひお試しください。