グリーン上にて。ラインを読むことができません。 考え方、ルーティン、イメージなど 3バットしないというのが目標のレベルで 大切なことを取り上げていただけますか?

ということでした。

女性の方にも良くご質問がありますが、 私自身もゴルフを始めた当初はよくわからず、あてずっぽうで打っていた気がします。

そしてだんだん経験と情報量が蓄積してきてラインが読めるようになってきたと思います。

ですから、3ステップとして、情報収集のための簡単な方法なので、 何度か繰り返していくうちに、違ったものが見えてくるのではと思います。

STEP1,花道からグリーンに上がるようにする

花道は、グリーン周りでもっとも平坦な場所です。

ここでグリーン全体の勾配をなんとなく見渡して、自分のボールへと歩み寄ります。

足場が悪い、もしくは傾斜している場所よりも、自分の場所が平らということが大事です。読める読めないよりも花道から見渡すということを行うようにしてみましょう。

STEP2,花道からグリーンとグリーンの周りの景色を見渡す

そして花道からグリーンだけでなく、周りの景色も傾斜を読む上で重要な要素になるので、なんとなく見渡しましょう。

その時、左側に斜面があれば、左から傾斜になりやすいです。

あまり本来の土地に逆らってグリーンを作るのは大変なので。

STEP3,常に距離感に重点を置く。

1パットで決めるなら、ある程度のラインの読みと方向性、距離感が必要ですが、2パットと考えると大切なのは、 距離感になります。

距離さえあっていれば、30cm曲がっても30cmですが、少し強ければあっというまに1メートルぐらいのパットになってしまいます。

ですから、無理にグリーンを読もうとせずに、距離感を磨きましょう。