本日のご質問は、

ボールの位置が分からなくなってしまいました。
あるプロは「Dはかかと線の延長線上でクラブが短くなるにつれて中へ入って行きショートアイアンでまた左に戻る」と言う人もいればあるプロは「左かかと線の延長線上に統一し、クラブが短くなるにつれて身体によってくる」と言うプロもいます。
いったいどっちなのでしょうか?

というご質問でした。

自分も初心者の方、レッスン受けたての方には、 同じようなポジションで身体の中心より左でスイングして頂きます。

慣れてくると、勝手に打ちやすい場所で打ってる人と、 左一直線で打っている人様々です。

左において一直線線のボール位置はグリップがストロング気味の人が多いです。

逆にに右にボールを置く人はグリップがウィーク気味の場合が多いです。

あとは利き腕にもよります。

左が利き腕の人は左腕の長さとクラブの長さを一定にして、 スイングする意識が自然と出やすいので、軌道が安定しやすいため、 ボールの位置が同じような場所になります。

右利きの人は利き腕の右手のリリース感覚があるので、 ボールに対して自分の感覚で合わせるようなイメージになるので、 右側にボールがよってきます。

一概にこれが全てというわけではありませんが、 迷った時は、いろいろ試してみるのが一番です。

目的はどんな球筋が打ちたいのか?ということなので、 そこに逆算していくとどんなスイングをしたいのか? ではアドレスは?ボール位置は?

と考えていけば答えが出てくると思います。