インパクトで左脇があきスライスが出ます直し方を教えて下さい。

というご質問をいただきました。

身体の動くための空間について考えてみたいと思います。

苦いと勘違いしやすいのが左脇が開いてスライスになるということです。

スライスになるのはフェイスが開いて当たるからです。

左脇が開いていてもフェイスが左向きになっていたらおそらくスライスはしない
のではないかと思います。

ですから左脇が開いてスライスになると言うのは間接的な理由であって実際左脇が
開くだけでスライスになるという考え方を少し変えていかなくてはなりません。

左脇が開いてスライスする原因は
フェイスが開いてクラブが遅れて体がまわりすぎることによって
手元がういて左脇があくような動きになるわけです。

その根底にあるのが、脇をしめるという事を

身体に二の腕をくっつけるとなってしまっている事ではないかと思います。

当たり前ですが、二の腕が身体にくっついてしまうと、
身体はまわりづらくなってしまいますし、力も入りやすくなってしまいます。

ですから、
が肘の空間は空いているぐらいのつもりで
そこを身体が動いて結果綺麗な形になるようにしたいです。

腕でしめようとすればするほど、
脇は開きやすくなるし、球に力が伝わりにくいですね。