バンカーショットやアプローチショット等で龍南ティーチングプロは、腰の高さ・胸の高さ・頭の高さ等々と振り分けや強さ加減等のコメントされてますが、それがヘッドの高さであったりはたまた腕の高さ?やグリップの高さ?であったり(私の理解不足?)と聞いていて良く解りませんしシックリ来ません。強さや振りの加減は、(何時でも?)何を何処を基準にすれば良いか分かりません!?

私には腕や・ヘッド・グリップ等使い分けが出来ませんので具体的に教えて下さい。宜しくお願いします。

距離感についてですが、まずはバンカーショットは砂の抵抗をはさんで
力を弱めて脱出します。

ですので、まずはある程度スイングの大きさ、強さ、早さも普通のアプローチよりは必要になってきます。

ですから、膝を曲げて下半身を安定させるバンカーショットは
なおのこと身体が回らなかったり、スイングが小さくなってしまいがちです。

まずは大きく振って砂の抵抗にまけないように振って出すことが大事になるのではと思います。