こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
左肘が引けてしまいますというご質問をいただきました。

左肘が引けてしまう原因としては体と腕とのタイミングがずれて回ってしまっていると言うことになります。

一般的にはインパクトのところでボールにあてに言ってしまい、身体が止まってしまい、腕だけが進んで、左肘がひけるような形になってしまいます。

身体がとまりやすい原因を一つ頭で考えて見ましょう。前傾が崩れないように、頭を残そうとしてしまいますが、頭を残しすぎると、一緒に身体がまわりにくくなってしまいますので、インパクト付近からは顔は前方にくける様なイメージでスイングしてみると少し違う抜け方を味わえるのではないかと思います。