こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

本日はドライバーが左右に散ってしまう人の練習方法です。
たいていボールを飛ばそうとすると力が入ります。

私も同じです。

ですから、良い意味で力の抜けた効率の良いスイングで打つことが大切になります。

そのためにはまず意識の転換が必要です。

普通に考えると、どうしても

飛ばしたい→速く振ってスピードを出す→速いので当てるのが困難→当てにいく→飛ばない

になってしまいます。当たったとしても10球に1球でしょう。

ですから、飛ばさないところから初めてしっかりと
ボールをとらえる練習もしておくと良いと思います。

具体的には自分の最大距離の半分ぐらいの
距離を同じサイズのスイングで練習します。

ドライバーでアプローチするような感覚でしょうか?

こうすることで、
飛ばさなくて良い→スイングに集中できる→しっかりスイングするので曲がらない→曲がらないから振れるようになる→結果飛ぶようになる。

そうなれば安定した飛距離でゴルフの競技性質にもマッチしていると思います。

飛ばさない練習に飛距離アップのコツが隠れていますね。

上から見て頂けるとゴルフスイングの基本がイメージできると思います。