こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
自分にあったアドレス姿勢をとって飛距離アップ

本日はアドレスについてです。
アドレスとはゴルフの構える姿勢についてですが、
この構えがバランスが悪いとスイングにまで影響を及ぼしてしまいます。

ですので、ご自身にあったリラックスした構えでショットに備えたいですね。

基本的には直立した自然な状態のような構えを目指したいので、
前傾姿勢がつくゴルフの構えですが、
直立した時の重心配分に近いような形を目指しましょう。

その時に大切なのが前傾の取り方です。

腰を反りすぎてしまったり、抜けてしまったり、
猫背気味になってしまったり、胸を張りすぎてしまったりと
あります。

ですが下半身と上半身の関係は繋がっていますので、
全てではないですが、

腰がそる→胸が張る
腰が抜ける→猫背になる。

猫背にする→腰が後傾する
胸をを張る→骨盤が前傾する

ので、自分のやりやすいパターンでアドレスを修正してもらえばと思います。