こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

力に頼らずに飛距離を伸ばす方法とは?(その1当て方)

もっと飛ばしたいというご質問をいただきました。
自分のイメージだと力強く振って、思い切りボールを叩けば、
当たり前ですがボールは飛んでくれます。

しかし、ゴルフスイングに求められるのは、
ある程度の反復性、持続性、人間自体への安全性ではないかと思います。

ですから、しっかり振ることは大切ですが、
闇雲に振り回して飛距離が出るより、

優しく静かに振っているのに以外と飛ぶみたいな感じが自分は好きです。

そうするためにまず一つとして、
当て方のイメージを変えて見ましょう。
クラブの打面、フェイスがどうしても上を向いているので、なんとかなく上に動作も飛ばしたくなってしまいます。

しかし、自分自身の動きはボールに対して、そしてクラブ軌道に対して直角に打面が動いて当たって欲しいです。
それを実現するにはみなさまが意識しているよりも
もっとロフトが立った形でインパクトからフォローに向けてスイングする必要があります。

ですから、まずはゆっくりした動きでアプローチなどの振り幅で構いませんので、
ボールを低く出す練習をして見ましょう。