こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

今日はフェイスクラブの打面の動きについてです。

打面の向きはなるべく動かさずにボールにぶつけていきたいです。

面が動きながら当たると、強く力が伝わる様なイメージがありますが、
逆にボールと正面衝突せずに回転や高さに力が入りやすくなってしまいます。

ですのでフェイスは極力回転しないような意識でボールに向かって
直線的に動いていくような意識で動かしてあげる必要があります。

そうすることで本来フェイスを回転させて打っていると
開いてしまうと右に高いボール、閉じてしまうと左に低いボールになってしまいますが、
右に飛び出て低いボールが打てるようになってくると思います。

ぜひ練習してみてください。