こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

力に頼らずに飛距離を伸ばす方法とは?(身体の奥行きを作る)

もっと飛ばしたいというご質問をいただきました。
自分のイメージだと力強く振って、思い切りボールを叩けば、
当たり前ですがボールは飛んでくれます。

しかし、ゴルフスイングに求められるのは、
ある程度の反復性、持続性、人間自体への安全性ではないかと思います。

ですから、しっかり振ることは大切ですが、
闇雲に振り回して飛距離が出るより、

優しく静かに振っているのに以外と飛ぶみたいな感じが自分は好きです。

身体をまわすという部分についてです。
身体を捻るというよりは
身体に奥行きを作るような形で後ろにできるだけ運んでみましょう。

身体を捻る動作にすると各パーツが別々の動きを必要としますし、柔軟性やそれに耐えうる身体の強さが必要になります。

ですので、身体のパーツ全てを同じ分量でおくにどかす感じで回していきましょう。

身体に力が入らなければ、
以外と動けると思いますので、主に腰と肩を
奥にずらしていきましょう。

メリットは意図的に軌道、入射角を作らなくてよくなり、

インサイドから入れるとダウンブロー
がパックでできるようになります。

腕の操作でどちらかをやると
どちらかの条件は満たしにくくなります。

ですので、リラックスして飛ばすためにも、
身体の奥行きをしっかり取る意識を持ってみましょう。