こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

力に頼らずに飛距離を伸ばす方法とは?(その5バックスイングはクラブの重さを利用しない)

もっと飛ばしたいというご質問をいただきました。
自分のイメージだと力強く振って、思い切りボールを叩けば、
当たり前ですがボールは飛んでくれます。

しかし、ゴルフスイングに求められるのは、
ある程度の反復性、持続性、人間自体への安全性ではないかと思います。

ですから、しっかり振ることは大切ですが、
闇雲に振り回して飛距離が出るより、

優しく静かに振っているのに以外と飛ぶみたいな感じが自分は好きです。

今回は体を回す上で必要な事としては
クラブヘッドの重さに頼らずに自分の力であげていきたいという事に注意して練習してみましょう。

どうしてもテコの原理、左手を支点にしてクラブヘッドを跳ね上げる動きだったり、クラブを遠心力をかけて遠くに飛ばしながらあげてしまう動きが後々のスイングに強く影響を及ぼしてしまいま
す。

ですので、身体を回した分で上がる分と肘が曲がってクラブが上に動く分ぐらいでバックスイングを完了させたいです。

クラブの重さを振り回してバックスイングしないために、上半身より積極的に使うというよりは下半身を動かして、その上に乗っかっている上半身を動かして上半身になるべく不可をかけない様に準備したいです。

その時の身体をまわす感覚としては腰を動かして頂きたいのですが、腰をまわすでイメージが出ない方がいます。

違うイメージでいくと大地(地面)を回してみて下さい。
足の裏が地面にくっついていて地面を回そうと
すると勝手に骨盤辺りが動いてくれますので、

お試しください。