本日は安定したゴルフスイングについてです。
私が思う安定したスイングとは全体的な動きがある程度そろって進んでいる状態でスイングできているかどうかだと思います。

今回は全体的なスピードをそろえて打ってみましょう。

その時にスピードの大元を下半身で作れる様に意識して練習してみましょう。

下半身も胴体も腕も頭もクラブも一体となって動いていきたいのですが、

上の方のパーツは脚に乗っかっているものなので、
上の物を動かした分下の下半身も
それ応分に動かさなくてはなりません。

逆に考えれば、胴体は下半身に乗っかっているので、
下半身を動かせば、
行う動作は一つで身体全体が動いてくれます。

そして、そのスピード感は最速と言うよりは
もっと低いギアで自分に余裕があるぐらいのスピード感で行いましょう。

それを心がけて入れば、傾斜のショットなども同じ感覚で打てればと思います。

傾斜が難しいのは下半身を体勢を身体を踏ん張る方にとられて回転で打てなくなってしまう事です。

明日を止めて手や腕で打つのは最終手段
できるかぎり身体の回転で打ちたいですね。