こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

本日はテークバックでヘッドを振らない、手であげないための練習方法です。

テークバックを手でヘッドをあげたり、先端を大きく動かしてスタートしてしまうと、

その後のバックスイング、トップ、ダウンスイングと多大な負荷をかけてしまって

自分のイメージと違った動きを発生させやすくなってしまいます。

そのためには、ヘッドを動かさずに振らずに
テークバックしていかなくてはなりません。

そのための練習方法です。

方法は簡単、ボールをヘッドのヒールの根本にセットして

打つだけです。

ボールをヒールあたりにくっつける事で
開いても閉じても上に向けてもボールを動かしてしまいますので、

身体で引っこ抜いていく様な形になると思います。

手首をテコの原理の様な形であげていた人も
地面に突っかかってその動きが抑制されていきます。

ぜひやってみてください。