こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
こんにちは
左腰が引けないためにはその2で
ヘッドと身体を引っ張り合わないというお話です。

手元の動きでヘッドの運動量を増やしてしまうと
遠心力が大きく発生します。

それに対抗しようとして
身体は反対方向に動こうとします。

そうなるとせっかく出たヘッドスピードにブレーキがかかりますし
身体も体幹に負荷がかかりすぎてしまいます。

ですので、手首の角度を固定して、
グリップからインパクトエリアに進んでいく事が
大切になります。

そうする事で腰の開きとフィニッシュへの余計な
回転が減って左腰の引けも改善できるのではないかと思います。