こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
腕の役割を考えてみたいと思います。
スイングをする上でクラブを握っている手のすぐ上に位置している腕は
重要な役割を担っているとお思います。

自分の考える腕の役割は
ヘッドを動かさない様に使ってあげる事だと思います。

ヘッドを動かさないとは
ヘッドの運動量をあげないといえば良いのでしょうか。

ヘッドはシャフトにくっついていて
なおかつクラブ全体で見てもかなり重いものです。

その重みが運動を始めると、
色々な負荷がかかります。

その負荷を処理しながら短い時間のスイングを
完結させるのは至難の技になってしまうと思います。

ですのでまずはヘッドを振らずにスイングするには
腕をうまく使っていくというところ考えていければと思います。