こんにちは、坂本龍楠です!

ゴルフは、いかにして、少ない打数でボールをカップに
入れられるかのスポーツ。

しかし、ドライバーやアイアンの練習ばかりをしていませんか?


飛距離はアップした。

アイアンでピン寄せスキルも身に着いた。

最後は、 ボールをカップに沈める最後のショット、
「パター」をマスターするだけです。





パターは、ドライバーやアイアンなどのクラブと違って
ボールの打つ難易度が高くはありません。

しかし、それ故に、パターの重要性に気付いている
ゴルファーは非常に少ないと言えます。

「カップの近くに転がれば、OK」
「慎重に打てば誰が打っても入る」


と思った矢先、


スライスラインと思ったら、実際はフックラインだったり、

上りだからといってインパクトが強すぎてオーバーしたり、

慎重になり過ぎて、ショートし微妙な距離を残してしまったり、

せっかく パーで上がれるところを、3パットでボギーにしたり・・・



あなたもこのような経験が1度はあるのではないでしょうか?

その他にも、レッスン活動する中で、 多くのアマチュアゴルファーの皆様が陥る
パターの落とし穴を挙げてみました。





パターマットでは、芝の感覚がない、微妙な傾斜感覚を養えない
というのが欠点です。


真っすぐ打つ練習にはなるかもしれませんが、室内のバーチャルゴルフでラウンドするのと
現実のコースをラウンドするのが全くことなるように、パターマットでの練習では
限界があります。

やはり実践に基づく練習法は他にはありません。




パターは、ドライバーと違って、力を入れなくても打てます。
それゆえ、腕の力だけでインパクトしてしまう方が非常に多いです。

腕の力だけに頼ったパターでは、距離感を掴むことはもちろん、
ボールのインパクトの正確性もかけてしまいます。


オーバーしたり、ショートしたりを繰り返して、パットが安定しない方は
ほぼ100%に近い確率で「腕だけでパッティング」しているはずです。




当然ですが、全く平坦なグリーンは存在しません。
その状況で、目標となるゴール地点まで、どのようなルートでボールを運ぶか。

左に曲がるのか、右曲がりなのか。
状況によっては、段グリーンからパッティングになったり、
下り、上りの時もあるでしょう。

また、朝と夜では、芝の長さが変わりますし、 季節によっても芝の状態はさまざま。

「ただカップに向けて打つ」のと、
「カップへの道筋を見極めて打つ」のとでは大きな違いあります。


1つとして同じ状況のグリーンで打てる環境はありません。
だからこそ、グリーンの状態を読み、ラインを読む力がプロ、アマチュア関係なく
必要とされる能力になります。




ドライバーやアイアンに比べて、パターはボールをインパクトするのが比較的簡単です。

しかし、パターは「ただボールを転がす」という考え方は
シンプルというよりは無計画なパッティングと言えます。

ゴルフが上手い人は、パターを軽視しません。
むしろ、スコアを伸ばす人、スコアが安定している人ほど、
パターの重要性を熟知し、練習に抜かりがありません。

ただ打つだけでなく、腕、肩、腰、手首や姿勢で、パッティング精度は大きく変わります。

さらには、体幹を意識することでパッティング精度はアップします。




あなたの1m前後のパット数はどのくらいですか?

そして、そのうち、成功する回数はだいたい何回でしょうか?

パット数が15~18、多い時には20打以上打っていたとしたら、
スコアが上がらない問題はそこにあるかもしれません。




最初に、パッティング技術を上げるための基本3要素を理解していただく必要があります。

パッティング基本3要素といえば、大きく分けて「インパクト」「距離感」「ライン」の3つが挙げられます。





しかし、パッティングの基本3要素をマスターしただけで、
本当に上達出来るかどうかとなると、答えはNOです。


頭では理解していても、実際のパッティングとなると、
イメージした通りのボールが打てなかったり、ラインの読みが外れてしまうことがあります。

その理由は、パッティング基本3要素の土台となるの、「体幹軸」が不足しているからです。

体幹を意識したパッティングを身につけるだけで、ストロークは安定し、
コントロール性が格段にアップします。

つまりは、パッティング基本3要素の軸となる体幹軸のプラスαが
パッティング技術の向上には必要不可欠になるのです。






軸を作り、力まずにインパクトすれば、理想のライン通りにボールが転がります。

さらには、距離感も正確性も上がりますから、 パッティングに自信が持てるようになります。


今までのパッティング練習法の欠点を克服し、再現性に特化したのが
今までにない全く新しいパット成功法の体幹軸パットです。

アマチュアがプロ同等のパット技術と正確性をアップさせるための
ノウハウがこの体幹軸パットにはそろっています。




体幹軸パットは、軸を中心として、身体とクラブがブレずに
ボールをインパクトすることができますので、打ち出しが
安定します。


正しいインパクトを抑えるためには、ボールの芯にパターヘッドの
芯をスクエアに 当てなければなりません。

体幹軸パットプログラムでは、狙った方向にボールを打ち出す練習を行います。

理想的なインパクトと転がりの良いボールを打つためには最高に
効率のよい練習になります。

毎回ボールを芯で当てられるようになり、イメージ通りのパット感覚を
身に付けることができます。




パターを打っていると、イメージした距離感と実際に打った距離が一致しないことがあります。

その原因は芯で正しくボールがとらえられていおらず、そのために打ち出した距離がまちまちになってしまうからです。

芯でボールをとらえられるようになることで、インパクトの強さと
ボールの距離感が一致させることができます。

また、腕の力に頼らずに、軸を中心とした体の振り幅で距離感を
掴むことができますので、安定したストロークを身につけることができます。





グリーンは、平らなように見えてどれも高低差、左・右曲がりのラインになっています。

どんなに真っすぐ打ち出すテクニックを持っていたとしても、ラインに合わせたパッティングが 出来なければ、ボールはカップに沈んでくれません。

正しいパッティング技術を身に付けた次のステップとして、
ラインを正確に読むテクニックを身につけましょう。





パッティングの達人になる為に必須の3つの技術+体幹軸。

これで、パッティングで怖いものはありません。

パッティングの精度を高めれば、例えティーショットやアプローチで
ミスショットしてしまった場合でも、パターで挽回できます。

この体幹軸パットの実践後に10~15打は縮まるゴルファーも多くいます。

それほど、たったパッティングの技術を向上させるだけで、今よりもスコアは
もっともっと伸びる可能性がアップします!





気になるプログラムの内容をご紹介いたします。
パッティングが上達する秘訣を詰め込んでいます。

パットがキマる人と、キマらない人の決定的な違いは“コレ”です!
スコアの差は、運動神経・パワー・ゴルフ経験の年数で決まると誤解していませんか?もし、あなたがパットに悩んでいたとしても、パットの上手い人と、下手な人の違いに気付くことさえできればパッティング技術は今よりも確実にアップします。

左曲がりと右曲がりのラインの見分け方?
感覚ではなく、ボールが転がる方向を見極める方法です。
ラインを正しく読む技術をここで身につけてください。

ダラダラ1000球打つより、1球打ったほうが効果の高い
上達スピード重視の練習法とは?

パッティングは、ただ、カップに向けて打つ練習ではいけません。
何のために、何を確かめるために練習するのかを意識することがなければ
本当のパット練習とは言えません。

距離感を掴むための秘訣とは
距離感をつかめなければ、自然とパッティング精度が上がります。
狙った距離に向けて、ボールを打つことができるようになれば
ロングパットも自信をもってインパクト出来るようになります。

体幹を高め、安定したストロークを手に入れる方法
上半身がブレればボールのインパクト時に、ボールの軌道もぶれてしまいます。
体幹を上手に使い、安定したストロークを手に入れてください。






★★★★★ 奈良県 男性

体幹軸パターをはじめてからパターに自信が持てるようになりました!
今は体幹トレーニングと同時並行で練習しています。
★★★★ 神奈川県 男性

2回に1回は3パットしていましたが、最近は2パットで確実に決めれるようになってます。
練習開始から1週間足らずですが、効果が出て驚いています。
★★★★ 東京都 女性

パターが苦手でしたが、体幹軸パットで、コツをつかめました気がします。パターが安定してくると、自然とドライバーやアイアンなどほかのクラブでのショットに余裕が出てきたような感じがします。やはりパットはゴルフでは重要なポイントだということがわかりました。
★★★★ 東京都 男性

ロングパットは寄せるだけだったのが、今ではカップインを狙って打てるようになりました。周りの友人からもロングパットが決まると「お~」と驚かれてなんだか気分がいいです!これからもパッティングの練習頑張りたいと思います!ありがとう!
★★★★ 千葉県 男性

ラインに合わせたショットが打てるようになってからベストスコア97から88までアップしました!なかなか90の壁が越えられませんでしたが、ついに自分も80台までになりました。これも坂本先生のおかげです。
★★★★ 大阪府 男性

前々から体幹トレーニングには興味をもっていて、体幹軸ゴルフと聞いて一体どんなものか気になってはいました。実際にレッスンに1回通ったと思って購入してみましたが、正解でした。グリーンの状況別のパッティングについては何回も観返しては練習に取り入れています。これからも宜しくお願い致します。




≪お支払方法≫
対応決済サービス
お支払い方法は、クレジット決済、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、Bitcashがご利用いただけます。
購入手続き完了後、購入に関する自動返信メールが届きますのでご確認ください。









Q:1日にどのぐらい練習すればいいですか?
A:まずは、プログラムの内容を正しく理解していただくことが大切です。
そして、1回のパターの練習で、10分から30分程度実践してみてください。
軸が作られて、パッティングが安定してきたら、ラウンド前の数分のパター練習で十分です。

Q:他に必要なものはありますか?
A:パター1本あればOKです。
他に追加で購入するものも、必要なものもありません。

Q:自宅でできますか?
A:はい、可能です。
ご自宅の室内、お庭、練習場やコース内でも場所を選ばず、実践できます。

Q:本当にパターがうまくなりますか?
A:当然ですが、上達スピードには個人差はあります。
実践していただくことで、多くのゴルファーのパッティングスキルが上がっています。
もちろん、あなたのパッティングもこのプログラムを信じて実践していただければ
効果を実感いただけます。









トップに戻る特定商法取引法

Copyright (c) 2011 All rights reserved.